音源レビュー〜ModoBass〜

レビュー

どーも僕です。

今回は初の音源レビューということでIK MULTIMEDIAが送る最強のベース音源ModoBassについてご紹介します。
既に散々あちこちでレビューされているので、使い方とかその辺は割愛して、使ってみた感想とかを書いていきます。

ModoBassとは

彗星の如く現れたIK MULTIMEDIAが送るベース音源で、サンプリングではなくモデリング音源として自在なセッティング・奏法などを手掛ける事ができるエレキベース音源の新定番です。

恐らくバンド系の楽曲を作るならば、これだけあれば他は何もいらないってくらいなんでもできるので、最強の二文字は伊達ではないのがわかります。

導入のきっかけ

元々Bass音源はTrilianだった僕としては、サンプリング故にどうしても奏法の幅が狭くて、どうにかならんもんかなぁと日々感じていました。
過去には実際に弾いてしまおうとも考え、ジャズベなんて買ったこともありましたが、当然技量もないし環境も整っていないのですぐにお蔵入りしました(笑)

そんな時に現れたのがこの子だったわけですね。
財政事情的にすぐ導入ってわけにはいきませんでしたが…

そして…導入直後にセールが始まるとは…(死

とりあえず、何故ModoBassに魅力を感じたかと言うと、先に述べた奏法の問題をクリアしてくれる上に、サンプリング音源と違い音色等含めてかなり突き詰めた事ができるので現状よりも更にかっちょいいベースを打ち込めると考えたからなんですね。

実際に使用してみて

まず、生ベース専用音源の為単純にいじれるパラメータがかなり多いです。

※ベースのモデル・ピックアップの種類・ピッキングの位置等これでもかってくらい

f:id:nana-on:20191110171023p:plain

弦の古さまで指定できるとは…恐るべし

まぁ僕はベーシストでは無いので細かな部分は好みで決めちゃいますが…
ちなみに、適当にプリセット選んで鳴らしてすぐに気付いたのが、ちょっと音が細いなって事でした。

Trilianはどの音もプリセットで完成されていて凄い重厚なので、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。
色々触ってみて音作りでしっかりカバーできるとは思ったのですが、恐らく内臓のアンプシミュのみだとイマイチしっくりこないかなぁといったところです。

僕は現状DIのみで出力したものを別トラックにSENDして、BIASアンプを通したものと混ぜてみていますが、DI音を一度外に出してTG2通して軽くドライブしてもいいかなぁなんて考えてます。

(ギターだと厚みのある音が録れるので)

f:id:nana-on:20191110171120p:plain

音に関してちょっと気になりはしましたが、奏法の面に関してはさすがと思いました。
まず単純にスライドが自由に出来るのが大きいです。
打ち込みには多少面倒な部分がありますが、そこさえ目を瞑ればかなり凝った演奏になります。

あと、個人的に良いと感じたのはミュートができる事。
しかも、どの程度のミュート具合かも変化させられるので、とても自然に演奏しているように感じます。

そしてピッキングを自由に切り替えられるのも大きいですね。

ピックから指弾きとかその逆のケースはそこまで無いと思いますが、切り替えでスラップを途中に組み込めるのは大きいです。
以前そんな曲が作りたかったのですが、Trilianだと音色自体が変わってしまう為、断念していたので非常に嬉しいです。

ただ全体を通してCCの対応している番号や、キースイッチの把握をしておかないと凄い手間になってしまうのが残念です。
出来ることが多い分覚える事が多いのはしかたないのですけどね…

f:id:nana-on:20191110171408p:plain

これを覚えるのは大変…

あと、弾く弦の指定が出来るんですが、それによって同じ音でもちょっと変化が出ます。

結構おばかっちょなので、指定しないとそこでは弾かんやろってとこをバシバシチョイスしてきます。
奏法によっては不可解な演奏になっちゃうので注意してね(笑)

ちなみに頑張って打ち込みやってると、どんどんピアノロールがカオスになっていくのは愉快だよ(笑)

もはやベースのピアノロールには見えまいw

まだまだ使い慣れて自分のテンプレのような物ができるのは時間が掛かりそうですが、以前よりもずっとベースのフレーズを凝って考えられるようになったので嬉しいです。

土台となるベースが良ければ良いほど楽曲のクオリティは変わってくると思うので、エレキベース音源で悩まれているなら間違いなく買いだと思います。

なんならセールでゲットしたらかなりお得。

Trilianの前にこっちに出会っていたらまぁこっちにしてたかなぁとは思います。

音作りに関してはこれからもっと詰めていきたいとは思いますが、とりあえずぼちぼち触ってみた感想になります。

まとめ

  • ベース単体のプラグインとしては最高峰
  • 再現の難しい奏法もかなり自在に再現できる
  • プリセットが豊富な上に設定はかなり直感的
  • モデリング形式なので動作が超サクサク
  • 音質に関して単体ではTrilianに劣る
  • 要素が多い為打ち込みに時間が掛かる
  • CCとキースイッチを覚えるのが大変
  • スラップがちと嘘くさい(笑)

こんな感じでしょうか。

非常にできる事が多く優秀な音源であることは間違いなく、エレキベースの音源をオススメするならこれだろって感じです。
ベースの表現に満足できなくなってきたら是非こやつを取り入れてあげましょう。

終わりに

以上で今回のブログは終わりになりますが、決して僕の評価がModoBass>Trilianなわけではありません。
そもそもTrilianはシンセベース等も多くカバーしているマルチ音源なので、比較対象としてはちょっと違うかなぁといったところです。
それにTrilianはサンプリング形式なので音に関しては本当すごくて、未加工でもMIXで埋もれないパワーを有しています。

加えて、基本ベロシティと簡単なキースイッチだけでそれらしいフレーズ構築が出来るし、なんなら奏法ニュアンスがハマるならば最強だと思います。
打込みもリアルタイム入力してからちょいといじるだけでいいので爆速だし、ラフ作る時はこっちのが絶対良い(笑)

ModoBassだとフレーズ毎にしっかりと演奏する様作り込まないと、イメージ湧きにくいんですよね。
どちらにも良い部分はある為最終的には自分が必要とする部分がどこなのかを見定めて導入してもらえればといったところです。

まぁ本音は自分で弾いたものを録れるのが一番なんですけどね…(笑)
そんな感じで今回はModoBassとオマケ程度にTrilianのお話でした。
それでは今回はこの辺で…

でわでわ〜

小言なんかはTwitterの方で呟いてることが殆どなので、ぜひともふぉろーみー

コメント

タイトルとURLをコピーしました