音源やプラグインを導入する時に気をつけたいこと

初心者向け

どーも僕です。
今回はちょっとした初心者向けの雑談内容になりますね。

最近DTM界隈って趣味の業界としては結構賑わってると思うんですよ。
で、新規参入者もたくさんいるわけです。
その方々は、これから音楽を制作していく上で様々な音源やプラグインにお世話になるわけなんですよね。
そこで、導入するにあたって気をつけた方がいいなーってことを僕目線でお話ししたいと思います。

何が必要かを考える

これに関しては以前優先順位を考えるって記事と同じことではあるんですが、単純に必要かどうかってのをしっかり吟味する必要があるわけですね。

もちろんセールのタイミングとかもあるので、そこは考慮する必要があるとは思います。
ですが、重要なのはまず作ろうとしている楽曲に使うかどうかだと思います。
いつかあんな感じの曲作りたいなーくらいだと、まぁ結局肥やしになるだけなのは経験談です(笑)

自分が作っていきたい楽曲の方向性なんかとてらしてみてもいいかもしれませんね。
例えば、バンドの曲作りたいんであれば、シンセ買うんじゃなくてギターやベース・生ドラムがなくちゃそれらしくなりません。なのでそういったところから揃えるべきだと思います。
エレクトロミュージックなら逆にシンセ系やサンプルなんかが豊富だといいですね。

そうやって必要なものを少しづつ増やしていけば間違いは起こりにくいでしょう。

フリーソフトの罠

最近のフリーソフトは優秀です。
実際一線級で活躍できる力を秘めているものもたくさんあります。
僕も過去の作品にはフリーソフトのお世話になっているものがたくさんあります。

だからこそ気をつけて欲しい。『フリーだから入れとこ』はマジで止めたほうがいい(笑)
これやり始めるとキリがない上に、これなんだっけ?ってなること間違いなしw
整理するのも大変だし、大半使わないって言うオチしか待ってないです。
PCの容量も当然圧迫していくわけですから、いいことなんにもないです。

ちなみにプラグインショップみたいなところだと、おまけでついてきたりとか、頭おかしいくらい安いやつとかも売ってたりするんですが、それも脳筋みたいにばんばん入れるのは避けましょう。
結果的に同じことなので(笑)

決してフリーソフトとかを否定しているわけじゃないですが、導入するならしっかりと調べた上で入れましょうってことですね。ちなみにおすすめってわけではないですけど、フリーソフトはレビューが多いものほど優秀だと考えてもらっていいです。

僕自身いまだに現役なのはmagical8bitとかですかね。
ちょっと前まではSynth1とかはお世話になってました。ちなみに経験上生楽器系はあまりお勧めできないですね。

レビューやデモ動画を鵜呑みにしない

皆さん新しいものを導入しようと思ったら、最初に何をしますか?
恐らくほぼ満場一致でレビューやデモの動画見ますよね?
もちろん調べるってことは大切なので、絶対的にやって欲しいとは思います。
…がそれを鵜呑みするのはやめましょう。

と言うのも、デモに関してはそのソフトを最高に聞かせるためのあれこれを注ぎ込んだ動画なわけで、実際自分で使ってみたら、大半はなんか思ってたのと違うってなってしまうからです。
レビューに関しても、確かに使用感とか音色とかの確認はできるんですが、絶対的に価値の基準は投稿者のものになるわけです。
もちろんなるべく客観的な意見を述べてはいるのでしょうが『これは絶対買ったほうがいい!』って言ってるやつは一回考えるなりしましょう。
僕自身レビューしていてもやはり個人的な感想ってのが大きいですからね。
あと、当然ながらに欠点を説明している方はほとんどいません。商品のプレゼンになるわけなので、ダメなところを紹介するメリットがないに等しいですからね。

なので、やはり個人的にはデモ版を試しに使ってみるってのを合わせてやったほうがいいと思います。
まぁ面倒でやらない方が多いと思いますが…

王道とは言われているだけの価値がある

多種多様のソフトが溢れている中、圧倒的なシェアを誇っているソフトがあります。
そうしたものは、その界隈で王道と呼ばれています。
例えば、総合的なプラグインの中だと”WAVES”とかがそれに当てはまると思います。

トータル的な性能のよさ・常にバージョンアップを繰り返し、プロも愛用者が多いと言うまさに王道。
しかしその反面そういった王道を忌避する方もいます。
なんと言うかみんなと同じはやだみたいなやつです。(子供か!)
僕自身似たような考え方は多少なりあって、どうやったら自分にしか出せないような音になるか?ってあれこれ試したりしています。

でも、最初に述べた通りなぜ圧倒的なシェアを獲得しているかをよく考えてください。
誰もが使いやすく、理想の音に近づくための仕組みが詰まっているから人気なんです。
決してそれを使ったらみんなと同じ。なんて発想は持たないようにして欲しいです。

音源に関しても同様です。シンセサイザーなんかは特に王道と言われているソフトがいくつかあります。
僕もそう言った音源をいくつか所有しています。
でも同じ音源を使っていても、使い所やパラメータ次第で全く別物のように化けるわけです。

だからこそ言えるのは、最初はむしろ王道をいくべきなんです。
いきなり尖った性能のやつを探すんではなくて、そのソフトの王道でまずは知ることが大事だと思います。
そこから自分が使うならこんなところに拘りたいってのを探して行った方が、より理想のソフトにたどり着けるはずです。

まぁ王道と言われているソフトはどれ使っても本当に他いらないんじゃないかって思えるようなものばかりなで、大抵これあればなんとでもなるわってなっちゃうんですけどね(笑)

まとめ

今回の話をまとめると

  • 今自分に必要なものは何かってのをしっかり考える
  • セールだし買っとくかみたいなのは肥やしになる可能性が高い
  • フリープラグインは優秀なものも沢山あるが、何でもかんでも入れとけばいいってもんじゃない
  • フリープラグインに関しては評価が高いものほど優秀である
  • レビューやデモ動画は、参考にする必要はあるが鵜呑みにしてはいけない
  • デモ版があればそれを試すのが一番良い
  • 王道と呼ばれるソフトにはそれだけ信頼や実績があり、誰もが素晴らしい作品を作れるポテンシャルを持っている。
  • 自分だけの何かを探したいなら、まずは王道でその界隈をよく知るべき

とまぁこんな感じでしょうか?
結構僕も書きながら無視してること多いなぁとは思うんですが、それでも最初はこう言った考え方をもっていて損しないと思います。
結局安い買い物では済まなくなってくる沼の世界なので、買ったけど全然使わなかったとかが無いようにしたいですね。

終わりに

ここまで読んでくれてありがとうございます。

いかがだったでしょうか?
自分の失敗も含めての考え方を簡単にまとめてみました。
かなり初心者に向けた内容になってますが、考え方としては別に初心者じゃなくても持っていて良いかと思います。

もし僕のおすすめで何かってのがあれば、是非聞いてください。
参考程度になるようには紹介させてもらいますね。

それでは今回はこの辺で…

でわでわ〜

↓↓↓質問箱はこちら↓↓↓

匿名で聞けちゃう!なな(氏)さんの質問箱です
直接は聞きにくいことや秘密の質問でも何でも聞いちゃおう

小言なんかはTwitterで呟いている事がほとんどなので、ぜひともふぉろーみー

コメント

タイトルとURLをコピーしました