楽器を始めてみよう

初心者向け

どーも僕です。
今回はレビューではなくちょっとした雑談になります。

実は最近新しくベースを練習し始めました。
僕自身ギターはやっているのですが、実はベースを弾いたことがほとんどなくて、実際に演奏したらどんな感じなのかと言うのを知りたくて購入してみました。あと、あわよくば打ち込みからRecにしたいってのも(笑)


それで実際に練習してみて、改めて楽器に触れるということが、DTMをやる上で非常に有益だと感じたのでぽつぽつお話ししたいと思います。
一応今回は楽器を始めることのメリットやデメリット、あとは始めるにあたっておすすめの楽器なんかをまとめてみました。

それではどーぞ。

楽器を始めることのメリット

まずDTMをする上で、なぜ楽器を始めるとメリットなのかってお話なんですが、単純に音楽的な要素を学ぶのにもってこいだからってのがあります。
もちろんわざわざ楽器の練習なんぞしなくても、座学的なことだけで十分に多くのことを学べるとは思いますが、実際に楽器を練習しながら覚えるほうが身になりやすいかなぁって思います。

加えて座学的なことだけでやろうとすると、わけわからん用語や技法が山ほど出てくるので勉強嫌いにはかなりきついのではないでしょうか。

↑昔こんなの勉強させられたことあるけど何一つ身になってないのが僕ですww

その点練習しながらであれば、文字で学ぶ以上に感覚的にも理解ができる上、そのうち演奏もできるようになるし、実際の演奏を楽曲に生かすなんてこともできるようになるので、まさに一石二鳥なわけです。

ちなみに僕自身最低限演奏したことある楽器が、ピアノとギターなんですが、これらをやっていた経験は非常に大きくて、今の僕の楽曲にめちゃくちゃ影響があります。
実際ピアノは打ち込む時に両手でリアルタイム入力いけますし、ギターに関しては完全にレコーディングしていて、ただなんとなく打ち込んでいるものとは完成度がまるで違うと思っています。

その他にも楽器を触ることによって、その楽器に対しての造詣が当然深くなります。
そうすると、その楽器で出来ることや出来ないこと・音色の違いや作り方etc…数えればきりがないくらいの経験値をもらえます。
簡単に例をあげると、ドラムを練習すればフレージングで気づかないうちに阿修羅しか叩けないフレーズになっていた。なんてことがなくなります(笑)
僕はドラムをやったことないので、いつも叩くふりをしながらこれなら大丈夫かな…?なんてやってたりしますが…w
もちろん「叩けない・弾けないフレーズだからダメ」とかはではなくて、最終的にカッコよければなんでもいいとは思うんですがね…(笑)

まぁ例え演奏できるレベルではなかったとしても、その楽器の特性や奏法なんかを実際に体験してみると、打ち込みにしても打ち込み方がかなり変わると思います。
僕もベースに関しては現時点でフレージングの構築なんかにかなり影響出そうな気配がすごいですw
こっちの弦よりこっちの方がスムーズに繋がるとか、ここはハンマリングやプリングの方がいいとか、スライド一つにしてもどうフレーズを繋ぐのがカッコいいかとか発見しかないんですよね(笑)

とまぁザクッと見てもメリットだらけなわけですよ。
EDMのようなエレクトロ系しか作らないとしても、やっていて損になるようなことは絶対ないと思うし、他のジャンルに挑戦できるとっかかりにもなると思うので、せっかく音楽やってるのであれば、是非とも何かひとつでも始めてみてはいかがでしょうか?

楽器をやることのデメリット

なんかデメリットって書いちゃうとすごい語弊があるんですが、仮にデメリットとしてあげるとすれば、まずはどうしても出費が多くなってしまうことでしょう。
すでに活動されている方ならお分かりでしょうがDTM関連の製品(プラグインやその他ハードウェア等)なんかはとにかくお金がかかります。特にハードウェアなんかはセールとかもよほどでない限り見かけないですし、あったとしてもたかが知れてるんですよね。
その上で更に楽器を買わなきゃならないってなった日には出費がとんでもないことになってしまうので、始めるとなるとやはり金銭的な面がネックになってしまうかと思います。

もう一つは練習に費やす時間をとられることでしょうか。
作曲活動がメインだとして、楽曲を仕上げるのにもそれなりに時間は取られるものです。多くの方は勉強や仕事と両立してこなされていると思います。その中で1日数時間練習に割くことができるかと言うと中々難しいかなぁと思います。
どうしても練習時間に対して成長度は比例していくので、練習時間を割くことで作曲活動が止まってしまうようであれば本末転倒です。もちろん勉強と割り切って一度しっかり楽器に取り組むってのはありだとは思いますが…。

ただ、この練習時間に関しては何も必ず数時間練習しなきゃいけないってわけじゃなくて、どちらかといえば短い時間でも毎日こつこつやることの方が大事だと思っています。
なので、1日30分とかでも楽器を触る時間が作れるのであれば、身になることも多くなると思います。

あとは、その楽器のセオリーに囚われる可能性があるかも?と言うことです。
楽器にはそれぞれよく使われる音域やフレージング等の特徴があるわけです。楽器を練習することによってそのセオリーも身につくかと思います。
すると、今までセオリーを知らずに作っていたものがだんだん型にはまっていくので、無難になりがちになる可能性が出てきます。無難が悪いわけではないですが、結局音楽なんて自由に表現していいと思うので、別にセオリーから外れようと、楽器の演奏できる範疇を越えようと、”カッコよければいい”ってことだけ忘れないでおけばOKです(笑)

最後に個人的におすすめの楽器を簡単に紹介させていただきます。

始めるのにおすすめな楽器

あくまで主観での話になってくるので、好きな楽器や興味がある楽器があるのであれば、間違いなくそちらを優先しましょう。モチベーションに関わることですし、継続する上で欠かせない要素ですので。

おすすめその1〜ピアノ〜

おすすめの理由としては、まずDTMやってるとMIDIコントローラーを使って打ち込みなりしているかと思います。そのコントローラーはなんでしょうか?はい、鍵盤ですね。その鍵盤を使った楽器なわけですから、練習すれば作業効率UP間違いなしです。
加えて、低域から高域・伴奏からメロディと、全ての要素をたった一台で完結することができる楽器の王様です。例えばポピュラーアレンジなんかの楽譜を練習するだけでも相当いろんな場面で生かせると思います。

勉強的な面から見てもクラシック・ジャズ・ロックその他多くのジャンルやDTMにおける音楽的要素は全て学ぶことができるので、絶対やって損しない楽器だと思います。

あとは、人によってですが、出費無しで始めることができる点です。
MIDIコントローラーで61鍵以上のものを使用されているのであれば、あとはDAW付属のピアノ音源だけですぐに始められます。それ以下の鍵盤数だと両手で演奏する時ちょっと音域が足りなくなるので…
できればダンパーペダルは欲しいですね。これでサスティンをコントロールするんで。

本当はアップライトなりグランドなりで生のピアノを触ることができれば打鍵感や実際の響きとか、為になる要素が盛り沢山なのですが、音がバカでかいので普通の住宅環境で鳴らすのは厳しいし、サイズも馬鹿でかいし、なにより簡単に手が出る金額ではないので一部の上流階級様のみトライしてみてください(笑)
ちなみに僕がお勧めしているステージピアノっていうMIDIコントローラーにもなる製品もあるので、気になる方は下記の記事も読んでみてね。

おすすめその2〜ギター〜

自分のやってる楽器ばかりですまんw
でもギターもやっぱりおすすめできます。まずコスト的にも始めるのであれば安価で始めることが出来ます。
最近は低コストでもクオリティの高い製品がたくさん出ていますし、場所も取らないでサクッと始められます。
エレキギターであればヘッドフォンを繋いでしまえば騒音になることもないので、ある意味一番手を出しやすいのではないかと思います。

勉強面でもコードワークを学ぶのにはもってこいですし、何より現代音楽においてギターはどんなジャンルにも顔を出しているので、自身の引き出しが確実に増えること間違いなしです。
すぐに弾けるようになるわけではないですが、打ち込みをしているのであれば確実に打ち込み方は変わると思います。そして弾けるようになれば今度は自宅でレコーディングなんてことも出来るので、興味があれば頑張ってみて下さい。

おすすめその3〜ベース〜

ベースに関しては理由自体はほぼギターと同じなので、さほど書くことはないですが、どちらか好きな方で。
なんなら片方できればもう片方もかなりとっつきやすくなり、最終的には両方弾けるようになると思います。
学べる要素自体はギターと大きく変わらないですが、やはりベース独自のフレージングなんかはベースを弾くことで養われるかなぁと。
ちなみに、僕がもしギターとベースどちらから始めるかと聞かれたら、今ならベースと答える気がします。
楽曲の土台となる重要パートですし、ギターみたくとりあえず弦を押さえても鳴らないとかもないし、ってかコードフォーム覚える手間がない分とっつきやすいと思います。
練習が単音メインになるので、地味なので飽きないように工夫は必要だと思いますが、僕も頑張るので皆さんも頑張りましょう(笑)

その他の楽器に関して

冒頭にも書いたとおり上記以外にも楽器なんて沢山ありますし、やりたいものがあればそれをやるのが一番なんですが、どうしても住宅環境や近隣環境を配慮していくと自宅でできる楽器なんて限られてきちゃうんですよね。田舎の一軒家とかであればドラムだろうと金管楽器だろうと練習してても問題ないと思うんですが、多くの方はそうはいかない環境ではないかと思います。
なので、今回お勧めさせてもらったのは僕自身が自宅で気軽に練習しているものをチョイスさせてもらいました。
もちろんスクールに通って練習するのもありだと思うし、学校に行っているなら部活やサークルなんかもいいと思います。
楽器を始めることによって学べることって信じられないくらいたくさんあるので、興味があれば是非挑戦してみて下さい。

終わりに

ここまで読んでくれてありがとうございます。

今回は雑談的な内容でしたが、新しくベースを始めたことによって改めて楽器を知ることの大事さに気がつけました。絶対必要とまでは言いませんが、身に付けることによって広がる世界は確かにあると思っています。
なので、今回の雑談で楽器に興味を持ってくれた方が一人でもいらっしゃれば僕としても嬉しいです。
これからも作曲活動頑張っていきましょう!

それでは今回はこの辺で…

でわでわ〜

当ブログではDTM初心者向けの内容や、自身の利用している機材や音源等のレビュー等をしています。
気になることやご質問等あれば、コメントや質問箱なんか利用してもらえれば嬉しいです。TwitterもやっているのでDMでもまぁOKです(笑)

↓↓↓質問箱はこちら↓↓↓

匿名で聞けちゃう!なな(氏)さんの質問箱です
それっぽい曲作ってる人。 何かあればお気軽にどーぞ。

小言なんかはTwitterで呟いている事がほとんどなので、ぜひともふぉろーみー

コメント

タイトルとURLをコピーしました